2019年5月26日
Breaking News

看護師に運転免許は必須か

看護師は通勤に車を使用する人が多く存在します。しかし都心部になると、車は渋滞などにまきこまれることもあるから、公共機関を利用するという人も少なくありません。また、地方においても電車通勤をする人は駅から送迎をするという病院も少なくないようです。そのため看護師として働く場合、必ずしも運転免許は必要ないのでは?と考えることもあるでしょう。ですが特に夜勤をした帰りは、タクシーばかり使うと交通費もかさみますし、医療施設から家までの道のりは暗い夜道を通ることに怯える看護師は多く存在しています。看護師の働く場所はどんどん広がりつつあり、必ずしも病院やクリニックという施設内の一定の場所で働くばかりではありません。たとえば、病院に就職をした場合に、その病院内に訪問看護室があったら?移動の可能性も十分にあります。そのため自分の配属先が変わるかもしれないということは予測しておくべきでしょう。

そうなると、看護師に運転免許は必須なのかという問題に当たります。その答えは、可能ならば運転免許はあったほうがいいと答えになります。近年、高齢化がどんどん進み、在宅医療の重要性が高まっています。在宅医療を支えるのが訪問看護師ですが、その訪問範囲が広いため車を使用することも少なくありません。自転車などでも訪問手段もあるし、看護師二人での訪問という場合もあるが、やはり緊急の場合や万が一を考えると、運転免許がありいつでも対応できるようにしておくと安心でしょう。運転免許を取得することで仕事の幅を大きく広げることが出来るのです。
☆看護師の免許の必要性の話《詳細→http://xn--p8jwhoa9264a0wcn76i.com